火災報知機の電池はどこに売ってる?販売場所や交換時期まとめ

どこに売ってる

火災報知器の電池はどこで手に入るのでしょうか?ホームセンターやケーズ電気、ヤマダ電機で入手できるでしょうか?

法律によって義務付けられている火災報知器は、火災時に熱や煙を感知して警告を発する重要な装置です。しかし、この重要な装置も故障や電池切れの際には役立ちません。火災報知器は電池切れの際に警報を鳴らしますが、定期的な管理が不可欠です。

そのため、今回は自己管理を目的として、火災報知器の電池をどこで入手できるか調査しました。

火災報知器の電池の入手先は?

火災報知器の電池は一般的に市販されていますが、どの店舗で入手できるのでしょうか?それぞれの店舗について詳しく見ていきましょう。

ホームセンターで火災報知器の電池は入手可能か?

コメリ、ビバホーム、カインズを調査したところ、コメリとビバホームでは、火災報知器本体と電池の販売が行われています。さらに、コメリとカインズの通販サイトでは、火災報知器と電池のセットも購入できる情報があります。

家電量販店で火災報知器の電池は手に入るか?

ケーズ電気とヤマダ電機での電池の販売状況を調査したところ、電池の単体販売は行われていません。代わりに、火災報知器本体や火災報知器と電池のセットが商品情報として提供されています。

火災報知器の電池入手先は限られている?

各店舗での調査から、火災報知器本体のみ、または火災報知器と電池のセット商品が販売が多いことがわかりました。店舗によっては在庫がなかったり、お取り寄せでの注文が多いため、即座の購入が難しいことがあります。

ネットで火災報知器の電池を購入できる?

近くの店舗で入手できる場所がない、在庫がないといった問題に直面した場合、ネットで火災報知器の電池のみを購入することができます。

パナソニックの公式通販で火災報知器の電池を入手できるか?

火災報知器の製造元であるパナソニックの公式通販では、火災報知器本体やセット商品だけでなく、電池の単体販売も可能です。パナソニックの製品に適した電池を手に入れることができます。

楽天やAmazonなどで火災報知器の電池を購入できるか?

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどの大手通販サイトでも、火災報知器の電池を購入できます。ただし、適切な電池を選ぶ必要があるため、注意が必要です。

火災報知器の電池に関するよくある質問

火災報知器の電池の価格は?

火災報知器の電池の価格は、パナソニックの場合、約1,000円前後です。通販サイトでは価格やまとめ買いのオプションが異なりますが、3個セットや5個セットなどまとめ買いを通じて、個別の電池価格を抑えることも可能です。

火災報知器の電池の寿命は?

火災報知器の寿命は通常10年です。これは電池の交換サイクルではなく、報知器自体の寿命です。本体に寿命があるため、電池のみの販売が限られていると思われます。

火災報知器の電池切れの警報音の止め方は?

電池が切れた場合、報知器のタイプによっては “電池切れです” といった音や “ピッピッピッ” といった音で通知するものがあります。ただし、この音を一度止めても、しばらくすると再度鳴り始めることがあり、これに驚くこともあるかもしれません。

このような警報音を止める方法は、報知器に付属の点検ボタン(テストボタン)を押すか、紐が付いている場合は紐を引っ張ることで音を停止できます。ただし、これは一時的な停止であり、完全に止めるためには電池を取り替えるか、本体を交換する必要があります。音が止まっていると、火災が発生しても報知器が効力を発揮しないため、電池の交換や本体の取り替えを忘れないようにしましょう。

そのほかのよくある質問

Q.10年で交換と聞きましたが、本体は買い替えず電池交換だけではだめですか?

A. 報知器の感知部分が汚れたり、部品の劣化や寿命により、正常に火災を検知できない可能性があるため、本体交換が推奨されています。

Q.火災報知器の電池が切れたのですが、家電量販店で手に入れられないのでしょうか?

A. 電池のみを手に入れることが難しい場合、通常は本体の取り替えを検討するか、ホームセンターや家電量販店でお取り寄せすることが一般的です。さらに、通販サイトを利用する選択肢もあります。

まとめ

火災報知器の電池は通常、セット商品として販売されており、電池の単体販売は限られています。店舗によっては在庫が不足することがあり、お取り寄せが必要な場合もあります。そのため、ネット通販は電池のみを購入するための便利な選択肢です。

火災報知器の寿命は通常10年であり、電池が切れた場合でも通知を行います。電池の切れた報知器の警報音を止める方法は、報知器に付属の点検ボタンを押すか、紐を引っ張ることです。しかし、これは一時的な措置であり、後で電池を交換するか、本体を取り替える必要があります。火災報知器を定期的に点検し、安全を確保するために電池の交換や本体の取り替えを忘れないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました